レーザー治療:スキン

●シワに対する美容整形レーザー治療は、いろいろなシワに対する美容整形治療法はそれぞれ有効なその作用機序などから、その美容整形術式や用いられる薬剤の作用機序などから本来あるべき適用はそれぞれに定まっています。美容整形レーザーを用いてシワの処置をするということは、皮膚の表面を蒸散させながら皮膚表面を擦過することにより、皮膚の持つ再生機能(ターンオーバー)を促進し新しい皮膚面を得ようとするものです。ケミカルピーリングにも同様の考え方がありますが、これは化学物質を使ったそれこそケミカルなピーリングであるのに比べレーザーによる皮膚のピーリングは物理的なピーリングのひとつに考えられます。このような目的で用いられる美容整形レーザーには、炭酸ガスレーザーとエルビウムレーザーとがあります。


そしてこれらの美容整形レーザーでリサーフェシングすることで皮膚の再生を促し、皮膚に良い効果を与えます。ただ、日本人においてはこれを過度に用いると長期間にわたり色素沈着に悩まされる場合があります。事前に皮膚のケアを行いながらこれらのレーザーリサーフェシングは美容整形施術されます。エルビウムレーザーなどを組み合わせながら用いていく必要があります。 美容整形で顔面のシワの原因にはコラーゲン繊維の菲薄化、顔面表情筋との関与から大ジワ、小ジワ等いろいろな名称で表現されています。そして、このようなシワに対する美容整形治療方法としてもフェイスリフトや上下眼瞼の美容整形手術、あるいは内視鏡を用いた鼻根筋の除去などに加え、表情筋の動きを止めるボツリヌス菌毒素の注射なども用いられます。


●入れ墨、アートメイクのレーザー除去法は、いろいろな色素が皮膚内に埋入されるようになってきました。このためなかなかひとつの美容整形レーザーで対応することは難しく、そこに封入されている物質に対して各種美容整形レーザーの反応なども見ながら、まず初めにエルビウムレーザーを用いて薄く皮膚を擦過し、埋入されている物質を浅くしてから必要な美容整形レーザーを照射する方法も採用されています。 入れ墨にも実にいろいろなものがあり、内容によって相談しながら進めます。


●最近5年位の間に開発されてきた美容整形機種は、照射される美容整形レーザー光の波長や作用時間またはクーリングデバイスを装置したように、照射される皮膚面の温度のコントロール等にかなり高度に発達した美容整形医療機器になっています。美容整形治療に用いられる美容整形レーザー装置は目的別にかなり多くのものが開発されてきています。とても一つの美容整形器械でいろいろな病変や目的を解決することはできません。要するに万能の美容整形レーザー治療機器は無くケースバイケースで医師との連携が必要です。

美容整形で失敗する前にカテゴリー

韓国の美容整形

美容整形が人気の韓国の美容整形情報を公開しています

鼻、フェイスライン

鼻やフェイスライン等の美容整形の手術の方法を公開しています

えら、あご

えら、あごの美容整形の手術の方法を公開しています

美容整形治療を受ける前に

美容整形の治療を受ける前に知っておかないといけない事を公開しています

美容整形の手術後

美容整形の手術後の副作用等、知らないといけない事を公開しています

美容整形の最新情報

美容整形の最新の情報等を公開しています

乳房(豊胸)

美容整形で大人気の豊胸手術の方法を公開しています

顔の美容整形

大切な顔の美容整形手術の方法を公開しています

管理人プロフィール

管理人のプロフィールです

美容整形で失敗する前にPick Up!

シリコンバストインプラント

シリコンバストインプラント,乳房,埋め込み

最新シリコンバスト

シリコンバストインプラント,医療器具

保険の適用範囲

美容整形,保険,手術

日本における美容整形の傾向

美容整形,タレント,刺青